お正月に食べるお祝いの料理『おせち料理』の由来

お正月に食べるお祝いの料理『おせち料理』の由来

おせち料理のお節(お せ ち)とはもともとお節供(おせちく)料理といわれ、中国渡来の年中行事です。
本来一年の節目となる五つの節句を祝い作られ、神様に供える料理『節句料理』の総称でした。

 

奈良時代頃から、天皇の居所(宮中)で行われ、江戸時代には庶民がこのお節供(おせちく)料理を真似るようになったのです。

 

しかし、現在では行事やお供え物をして祝ってきた節目も徐々に少なくなり、一般的には正月のみとなってしまいました。

 

五つの節句 ・ ・ ・ 一月七日(人日・七草の節供)、三月三日(上巳・桃の節供)
              五月五日(端午・菖蒲の節供)、七月七日(七夕・星祭り)
               九月九日(重陽・菊の節供)

 

 

おせち料理はいつ食べるの?

 

おせち料理は、本来「年迎え」の膳として、大晦日に食べるものでしたが、現在ではほとんどの地方で元日以降に食べるようになりました。

 

しかし、北海道など一部の地方では今でも、かつての名残りで大晦日に食べる風習が残ってます。

年末年始のご準備はお済みですか?



本物の栗きんとんは
くり屋南陽軒で

くり屋南陽軒の栗きんとんはコチラ


お歳暮は三越で 三越・伊勢丹オンラインストア

三越のふるさとギフトはコチラから

明太子・博多もつ鍋
冬の鍋はふくやで
ふくやで冬支度

ふくやオンラインショッピングはコチラから