おせち料理に入っている食品の意味

おせち料理に入っている食品の意味

おせち料理に詰められる料理には一品一品に縁起にちなんだ意味が込められています。

 

  • 【重箱】
  •  

    おせち料理を重箱に詰めるのは、正月のめでたさを重ねる意より、幾段にも重ねられるようになりました。

     

  • 【屠蘇・おとそ】
  • 一年間の邪気を払い長寿を願って正月に呑む薬酒。

     

  • 【雑煮】
  • もちの入った汁物のことで、主に正月を祝う行事食として古くから1年の無病息災を祈り食べられてきました

     

  • 【田作り・ごまめ】
  • 稲の豊作への願いが込められています。昔、乾燥したイワシを田植えの肥料として使っていたことに由来しています。

     

  • 【黒豆】
  • まじめ(真面目),まじめでまめ(語呂合わせ)に働くようにという意味。

     

  • 【数の子】
  • 子孫繁栄(卵の数より)の意にとって、祝儀に用いられます。

     

  • 【 祝い肴三種・三つ肴】
  • 田作り・黒豆・かずのこ の3品。 正月のお祝いに欠かせない料理

     

  • 【里芋】
  • たくさんの子芋をつけることから、子だくさん、子孫繁栄の願いが込められてます。

     

  • 【蓮根】
  • 将来の見通しが(レンコンの沢山の穴にかけて)聞くようにという意味。

     

  • 【紅白かまぼこ】
  • お祝い事に使用する水引のイメージから「めでたい」ときに用いられます。

     

  • 【海老】
  • ひげ長く腰が曲がるまで元気であれの意。長寿への願いが込められています。

     

  • 【鯛】
  • めでたい。(語呂合わせ)昔から祝い膳を飾る魚として親しまれてきました 。

     

  • 【金団・きんとん】
  • 黄金色の小判のような金団は金運を招く、富を得る縁起物とされています。

     

  • 【栗・勝栗】
  • 武士が出陣の際に縁起をかついで用いた3肴、勝栗・熨斗・昆布のうちのひとつです。

     

  • 【干し柿】
  • 嘉来として、喜びに通じるために使われるようになったものです。

     

  • 【紅白なます】
  • お祝い事に使用する水引をイメージしていて、平和に過ごせます様にと言う意味。

     

  • 【昆布巻き】
  • 「よろこぶ」に通じることから。祝儀には欠かせない食材です。

     

  • 【煮しめ】
  • 家族が仲良くいっしょに結ばれるという意味。

     

  • 【伊達巻】
  • 伊達巻とは華やかさ派手さを表し、おめでたい正月や晴れの日の料理として用いられています。

・神に供える食べ物(節句料理)をみんなで分かち合っていただくことに意義があります。

 

 ぜひ、ご家族・ご友人等と一品一品の意味を語り合いながら召し上がってください。

年末年始のご準備はお済みですか?



本物の栗きんとんは
くり屋南陽軒で

くり屋南陽軒の栗きんとんはコチラ


お歳暮は三越で 三越・伊勢丹オンラインストア

三越のふるさとギフトはコチラから

明太子・博多もつ鍋
冬の鍋はふくやで
ふくやで冬支度

ふくやオンラインショッピングはコチラから